太陽光パネルは本当にお得?

近年、太陽光パネルが脚光を浴びるようになり、導入を検討している人も多いことでしょう。しかし、いざ導入したいと考えても

  • 設置をすると本当に電気代が安くなるのか?
  • 初期費用を回収することが出来ると聞いたが、本当に回収することが出来るのか?

という疑問や不安が出てくるものです。

環境の事を考えれば損得の話ではないのですが、やはり初期費用がある程度かかるため、本当に必要なものなのかどうか、費用はどのくらいかかるのか、買い取ってもらうとしたら何年くらいで初期費用を回収することができるのか?これらが気になるというのも頷けます。


設置をするときに失敗をすると取り返しがつかない

太陽光導入の失敗はどうしても避けたい

上記のことに触れる前に、太陽光パネルを設置する時にとても重要になることがあります。それが「設置をするときに失敗をしてしまうと、取り返しが付かないことになる」ということです。

初期費用が高額というのはもちろんですが、一度設置をすると余程の事がない限り、撤去をしたり契約解除をすることができません。設置をした後に「こんなはずではなかった」と後悔をしても遅いのです。

それだけ最初に十分下調べをして、納得をして太陽光パネルの設置を検討するということが最も重要なんです。そこで少しでも疑問に思っていること、不安に感じていることがあれば解決しておくことが大切になります。


電気代を安くするにはある程度の工夫は必要

「太陽光パネルを設置すれば電気代が安くなる」これはメーカーのホームページやパンフレット、テレビCMなどでもよく見る文面です。確かに設置をする前に比べると電気代が安くなるのですが、そもそもどういったカラクリになっているのでしょうか?

太陽光発電では、太陽光パネルを屋根に設置することで、電気を自家発電することができます。天候に左右される部分もありますが、パネルで発電をした電気を変換し自宅で使えるようにすれば、その分の電気代は浮きます。

またメーカーやパネルの種類によりますが、発電量をモニターでチェックすることが出来るので、「節電」を心掛けるようになります。さらに電力会社との契約プランを見直して、時間帯別割引があるものに変更をするというのも電気代を安く押さえるポイントです。

例えば昼間家に誰もいなく、どちらかというと夜型生活だというお宅の場合、「夜に使う電気料金は安く、昼に使う電気料金は高い」というようなプランに変更をすると、太陽光パネルで昼間の電気をカバーすることで、夜は電気料金が安い状態で使うことが出来ます。

このように、太陽光パネルを設置すれば直ぐに電気代が安くなるということではなく、それぞれの家庭にあった工夫をすることで安く押さえることが出来るというわけです。


発電量のシミュレーションが大事

導入の前にシミュレーションをする

次に「初期費用を回収することが出来るのか?」という疑問ですが、これは太陽光パネルの契約をする前に、発電量のシミュレーションをすることでおおよそ検討をつけることができます。シミュレーションは各メーカーや業者に見積もりを依頼するときに算出してもらうことが出来ます。

太陽光パネルというのは完全オーダーメイド商品で、設置をする家に合わせて設置される上、家の位置、設置する方角によっても発電量が異なってくるのです。パネルの性能だけでは推し量れない要素があるので、必ず発電量のシミュレーションはするべきでしょうね。

また算出されたデータから月々どのくらい自家発電でまかなうことが出来るのか、その中で買い取りをしてもらえる電力はどのくらいなのか?このことを最初にチェックしましょう。

また必ずしもシミュレーション通りにいくとは限らないということも知っておいて下さい。太陽光発電は天候に左右されますし、使用中機器が故障したときの修理費用、メンテナンス費用なども頭の中に入れておく必要があります。

そこでシミュレーションをするときは

  • 必ずしもシミュレーション通りの数字になるわけではない(大雑把な数値と考える)
  • 納得をしていない家族を説得するための材料の1つに過ぎない

というスタンスでデータは参考と割り切ることも大切です。